スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------
twitter, facebookも始めました。フォロー、友達登録などよろしくお願いします!
twitter: https://twitter.com/socialapo
facebook: http://www.facebook.com/apo.socail
E-mail: socialapox[at]gmail.com
( [at]をアットマークに変えてください)
------------------------------


心理学 ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ
にほんブログ村

泥棒洞窟実験 ってなんだよ???

2012-09-13


今日は、 『 泥棒洞窟実験 』 ってなんだよ??? です。

これは、集団と集団の関係についての実験です。


シェリフらは、集団間の関係について明らかにするために、以下の実験を行いました(1961、1969)。
(行われた場所が泥棒洞窟だったので、泥棒洞窟実験と呼ばれています)


この実験は、3週間で、3段階にわかれます。

11、12歳の少年たちをどう人数の2つのグループに分けます。


①、2つのグループは一週間、それぞれ親睦を深める。他のグループとの接触はなかった。

⇒ この間、グループ内の結束が強くなった。


②、2つのグループが対面し、商品をかけた野球の試合が行われた。

⇒ グループ内では仲間意識が、グループ間では敵対心が生まれた。この心理は、試合以外でも持続した。

③、集団間の対立(集団間葛藤 といいます)を解消するための試みが行われた。

 (1)、2集団の交流の機会を増やした場合(映画や食事などを一緒に楽しんだ)
   
   ⇒ 集団間葛藤は、減少せず、むしろ増加した。

 (2)、2集団が協力しないと達成できない課題を共有した(集団間の上位目標を導入)

     溝にはまったトラックを救助するなど。

   ⇒ 集団を超えた目標の導入により、集団間葛藤が減少した。


----------------------------------------------------------------
今日のまとめ

● 集団間には、本質的に、集団内仲間意識 と 集団間葛藤 がある。

● 集団間葛藤は、集団の交流の増加で増加し、集団を超えた目標の導入で減少 する。

----------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
------------------------------
twitter, facebookも始めました。フォロー、友達登録などよろしくお願いします!
twitter: https://twitter.com/socialapo
facebook: http://www.facebook.com/apo.socail
E-mail: socialapox[at]gmail.com
( [at]をアットマークに変えてください)
------------------------------


心理学 ブログランキングへ
にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ
にほんブログ村

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Socialapo

Author:Socialapo
世の中の不確実・複雑な現象にメスを入れます
更新情報などは、twitter:https://twitter.com/socialapo

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。